結婚指輪を贈るタイミング


結婚するときに渡す結婚指輪ですが、女性なら誰でも憧れるものです。最近では昔のようなしきたりなどにあまりこだわらずに自由に行う人が多いです。結婚式を行わずに入籍のみと考えているなら、2人が結婚する意志を確認できたら渡すというのもあります。結婚の約束をし、二人で結婚指輪を選びに行き、仕上がって受け取った際そのままの流れで結婚指輪をもらうというパターンもあります。最近では様々なデザインの指輪をつくることができるようになったため、女性側が好みを取り入れたいと考える場合が多いです。高い買い物なので確実に女性に喜んでもらえるように、一緒に選びに行くこともおすすめします。あとは、結婚式の指輪交換の際にもらうというものです。
注意したいのが結婚式を行うなら、やはり一番の目玉といえるのが指輪の交換です。結婚式には間に合うように仕上がるように注文したほうがいいです。指輪の仕上がりには数週間かかる場合もあるのできちんと確認しておくことをおすすめします。
あと男性側が気にしてほしい点があります。女性はやはり指輪を受け取るというシチュエーションに憧れます。結婚することが決まっているからと言って、何気なく渡すのではなくサプライズを用意したり、おしゃれな場所にでかけるなど特別な一日になるようにすると女性はとても喜びます。
指輪を贈るタイミングはそのカップルそれぞれのものでいいですが、きちんとした儀式であることは認識しておく必要があります。

結婚指輪の相場はどれくらい?


昔は男性側が選んで購入するということが多かったようですが、最近ではカップル二人でお店に行って選ぶというケースが増えています。しかし結婚指輪を選ぶときに気になるのが相場です。多くの人がそれぞれ10万円代のものを購入するカップルが多いです。二人合わせて20万円代くらいです。たいていの場合女性側の方が少し装飾が豪華だったりするので女性の指輪の方が高くなる場合が多いです。
一般的にはといってもそのカップルごとに経済状況が違うので価格はピンキリです。ブランドや装飾にこだわればもっと価格は高くなります。
最近ではジミ婚と言われ、あまり結婚にお金をかけない人も多くなってきました。二人合わせて10万円以内というリーズナブルなセットがあるお店もあります。
一生に一度の結婚指輪なのでどうせ買うなら気に入る一番いいものを買いたいもらいたいものですが、価格との相談も必要になります。デザインも価格も納得し、カップル二人も納得するような結婚指輪探しができるといいです。そのためにはいくつかのお店に足を運んだり、いろいろ試着してみたり、二人で話し合ったりすることがとても重要です。特に男性側にはめんどくさく感じることも多いでしょうが、できる限り女性の話を聞いて二人でいい買い物ができるといいです。
今後ずっと寄り添って生活していく二人の最初の試練だと思って頑張るといいです。だからといってゆずれない部分はしっかりと話すといいです。